読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の散文、たまに論文

日々のつぶやきや過去のblogを再編集してお届けします。

人生にもログインボーナスを!

NHKの貧困特集見ました。

家族構成がちゃんと明示されていない事例が多かった気がしたけど、そこはまぁ言わずもがなというか、論点がずれるから敢えて入れなかったのか。

とりあえず、こういうのやってるとついつい見てしまいますが、今後はあまり見ないようにしようかなと思いました。

 

結局何年も前からこうなることは分かっていたはずなのに、何も変わっていない現実。

というか、前よりもはっきりと見える形で表出してきているということはそれだけ深刻度が増してきているのだろうということ。

子供手当とかやってたの懐かしいですね。

今ってまだやってるのでしょうか?

あれも臨時給付だったのかな?

 

就職氷河期世代が親になっている時代」と番組内で言っていましたが、自分もまぁ最後の氷河期世代あたりだと思うんですが、親ではないですね。

結婚している友人はいるけど、大体みんな高校でてからすぐに働き出してずっと働いてる人達です。

そうじゃなきゃ結局子育てに当てる資金を賄えないんだと思う。

4年大学に行くことで抱える借金とその4年間で働いておけば貯められる貯金。

これ考えると8年分以上の差がつくような気がする。

 

その後の学歴バリューでその8年間の差は埋められるのか?

なかなか気になる部分ですな。

出世には学歴も必要と言われますが、実際仕事してみると学歴なんかあるよりも実技という時点では敵わない問題も出てくるし、最近では高学歴大卒者でもエクセルが使えないとかなんとか・・・

 

しかし、貧困の連鎖が拡大している今何か解決する方法はあるんでしょうか?

ベーシックインカムという言葉が一時期浮上したことがあると思いますが、そういう基本的生活の保護みたいなものがないといけないんじゃないでしょうか?

あと、高校は義務教育ではないということの徹底かな?

大学も全入時代に突入してから「入って当たり前」みたいなとこもある気がしますが、入ったけど役に立つのか?みたいなこともありますし。(雇用のミスマッチ的な)

 

給付型奨学金よりもまずベーシックインカム的な考えが必要なんじゃないかなぁ。

前々から思っていたのですが、「人生、生きているだけで楽しくなる仕組み」ってなんかないかな?と思っていまして、その時ソーシャルゲームの仕組みが思い浮かんだんです。

ログインする度に何かしらのボーナスがもらえるという。

 

人生をゲーミフィケーションするにあたってはこの仕組みはかなり有効なのではないかなと思ってたりして、ベーシックインカムとも相性がいい感じな気がするんですよ。

もちろん、国にそんな余裕はないだろうから、やって儲けてる会社とかになるんでしょうね。

出来たら楽しいだろうなぁ。

 

2017.2.12