読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の散文、たまに論文

日々のつぶやきや過去のblogを再編集してお届けします。

決してあなたの事が嫌いなわけじゃない

タイミングとか、予定とか、気持ちの問題とか、金銭的な理由とか。

色々あるんです。

いくら心を込めて作ったイベントだろうが、カッコいい新曲出来た!とか絶対見て欲しいLiveになってます!!ってなっても、その時々で行けるかどうかなんて分からないもの。

 

と、最近よく思います。

だからって集客する為の努力を怠ったら何のリーチもしないわけで。

たった1つのメールやコメントで「ぐいっ!」と心が引き寄せられる場合もあるんです。

先日僕がそうだったように(笑)

「努力の量」と「成果」が必ず結びつくわけじゃない。

いくら努力したからと言って必ず結果に結びつくわけじゃない。

そこは常々意識しておくべき問題だと思うし、そう考えることで心の免疫力も高まる気がする。

 

一生懸命やればやるほど見えなくなるものって、なんかある気がするし、そんな時に一歩は無理でも、半歩分でも自分で自分を引いてみてみる。

「俯瞰」とか「離見の見」とか呼ばれるもの。

ステージに立つ際にも同じことを考えるとなかなか良いのではないかと。

もちろん自分の商品を売る場合でも。

 

主観だけに囚われるのではなく、たまには客観で見てみる。

自分を客観視することはなかなか難しいんですが、だからこそ信頼している人に意見を求めてみたり、周りの人の噂なんかにも少しだけ耳を傾けてみるのも一興。

アナログな日記なんかもいいと思う。

たまに見返したりすると自分を引いてみることが出来たりします。

 

そう、何が言いたいかというと、Liveとかいけない時があるけど、「それは"あなたのイベント"や"あなたの事"を否定しているわけではなくて、ただ単純にタイミングその他の問題なだけです」ということです。

お客さんが上手い具合に集まらない日もあるだろうし、自分の体調なんかが悪い日ももちろんあると思う。

それは天気が晴れだったり、雨だったり、最近では雪だったりするようなものでもある。・・・と思う。

 

天気だけでお客さんとしては動きたくない日もあるでしょうしね。

だからやる側(サービスを提供する側)に心の余裕が必要だと思うのです。

と、最近つぶやいたことが最後に上手くハマった感じ(自画自賛)

 

2017.1.27